駄目だよ苦しめ

詩を書いてます

片寄る時間









貴方といれる時間がひとつ限られていた


秒針が鼓動を突き抜けていく


引きちぎる貴方の顔を見つめて


苦笑いをして




1から求められて


そしてゼロに戻る。