駄目だよ苦しめ

詩を書いてます

煙草を吸う時間

そうだこれが私なのだ
あなた様はきっと私を理解できないのだ


普通のことも出来ない私を理解できる人間はこの世に居ないのだ

ああ、こんなにも繰り上げた人生が在るものか
計画性のない私は泣きながら生きるしかないのか
どっかの政治家とか私が知ったことではない


況してや生きていくのが楽しく思わざる得ない


そう思っていないと世間様に
私は唾を吐くことになってしまう

手を打ち返す出来事がないものか


地獄とも言えない現実


私はやっぱり世界とは生きていく限り



阿修羅な世界